新しい電力の形を供給するロハス電力

原発の停止による火力発電へのエネルギー移行により石油や天然ガスなどの化石燃料の高騰で電気料が上がっています。
家庭の電気レベルなら簡単な節電などでなんとか対応できますが、工場、商業施設などの大規模電力使用施設にとっては大変な出費になります。
そんなお困り方々の救世主なのがロハス電力です。
電力自由化が認められた範囲の販売で電気の品質を落とさず電気料を下げることができます。
電気の使用状況の見える化システムによって電気使用量・電気料金等をWebブラウザ上で確認することができるので数字を見て、リアルタイムで節電の見直しを行うことができます。
さらに節電やコスト削減への取り組みをしっかりサポートしてくれます。
各お客さまの契約電圧、電気使用量、電気使用のピーク時の状況などを考慮して料金体系を個別で提供してくれるのです。
今のままでは電気料金は上がり続ける可能性が高い状態です。
新しい電力の形を供給するロハス電力がその助けになるハズだと考えられます。