サンテックの、ドローンを使った新しいサービス

小田原・海老名エリアのサンテック株式会社は、2018年にドローンを導入しました。サンテックは徹底したアフターサービス、完全自社施工、豊富な実績を3つの強みとする顧客満足度を追求する企業でしたが、このドローンの導入も顧客志向のあらわれと言えるでしょう。

外壁や、屋根の状態が気になるので、調査を頼みたいが屋根に登られるのが嫌だ、とか、調査に費用も時間もかけたくない、とか、マンションのオーナーだが、外壁に気になる個所があり、調べようと思ったら足場を組む必要があるが、何とか足場を組まずに調査する方法はないだろうか、とか、急勾配で危険な場所の調査をしなければならなくなったが、安全な調査方法はないだろうか、などのこれまであった顧客の様々な要望を解決できる方法がドローンなのです。

ドローンの導入により、危険な屋根などに登る必要がなくなり、空撮で必要な個所の鮮明な写真の撮影が可能となりました。また、足場を組んで高い所まで登って目視で壁のひび割れなどを確認する必要もなくなりました。安全に、正確に、スピーディーに、そして低コストで調査ができるようになったのです。このドローンを使った新しい顧客サービスの内容は、サンテックのサイトで詳しく説明されています。ぜひサイトで、この素晴らしいサービスの内容をご確認ください。